中国嫁のトリセツ

中国人の嫁をもらって気がついたことなどをツラツラと書いています。

永住権は取れたのか?

取れました! さて、随分ご無沙汰となってしまったが、11月の末に無事にうちのランラン(中国嫁、仮名)の永住許可が無事に取れた。 11月半ば過ぎに東京入管からハガキが来た。これは、申請の時に申請者が自分で住所を書いて渡しておくモノなので、申請の結果…

永住権を申請する

永住権申請のための準備 この話の続きを書いていないような気もするが、ランラン(嫁、仮名)の永住権を申請してきたので、その話を書き残しておこうと思う。 cwom.hatenadiary.jp 在留許可更新申請を行った結果、無事に日本人の配偶者の資格で、さらに5年間の…

ここが変だよ中国人

今更感もあるのだが、1週間ほど前に放送された番組の内容が、在日中国人とその日本人関係者界隈を騒がせている。放送内容は既に色々なところでまとめてあるので、ここではいちいち書かない。 「直撃コロシアムとかいう番組がひどい。」 - NAVER まとめ 結論…

在留許可更新(4回目)

この時期がやってきた 2011年から日本に住んでいるうちの中国嫁(ランラン、仮名)の在留許可更新の時期がやってきた。2011年に短期滞在から、日本人の配偶者等に滞在許可理由を変更してから、2012年、2013年に引き続き、通算4回目の更新手続きということにな…

久しぶりの上海で驚いたり気づいたりしたこと Top10

cwom.hatenadiary.jp これに引き続いての上海編です。サクッと行っちゃおう。 ​第10位 爆買いツアー客にまみれる 羽田22時出発の浦東空港行きに乗ったら、我々の周りを中国からの団体ツアー客に取り囲まれる。日本経済に多大な貢献をしていただき感謝。でも…

合肥(とムラで)驚いたこと Top10

久しぶりにランラン(仮名)の実家のある安徽省のムラに2週間ほど滞在して、昨日戻って来た。やはり、2年以上離れていると、いろいろ変わったこともあるので驚いたこと(あんまり驚いてないのもあるが)をトップ10形式でまとめてみた。 第10位 高鉄の発展 もう一…

最後の試練?

退院から一週間弱。最初の外来の日がやって来た。身体の中に尿管ステントというシロモノが残っているので、それを抜去するのが目的。入院中に手配された予約は午前11時半ということで、その前に土井さん本厄のせいか、いつもより余計にかかった医療費控除の…

退院する

退院の朝。連休中は家でおとなしくしとこ。— Ken M.X. (@Deutschina) 2016, 1月 8退院の朝を迎えました。まだ排尿時の滲みる感覚はあるものの、色だけを言えば、通常っぽい感じに近づいて来ました。長い人だと1週間以上血が混じる人がいるらしいので、それに…

アセロラぐらいならw

手術翌朝。朝の検温の時に、看護師さんが、看護師「これから管抜いちゃいますね。抜く時は結構痛むので、抜きますと言ってから3つ数えるので、同時に息を吐いてくださいね。そうすると無駄な力が入らないので少し楽みたいですよ」看護師「じゃ抜きます。1,2,…

手術を受ける

消灯が早い分、朝も早い。今日は夕食まで禁食なそうで。— Ken M.X. (@Deutschina) 2016, 1月 6明けて翌日。看護師さんに起こされて、体温と血圧を測るところからスタート。禁食中なので昨日から飲み続けているOS-1があるのみ。この飲み物なら午前10時までな…

土井さん入院する

長い年始休暇の理由はこれ。入院なう。— Ken M.X. (@Deutschina) 2016, 1月 6去年2月の尿管結石発覚から10ヶ月経っても、石はゆっくりと下ってはいるものの、自然排出の見込みが薄いので、医師「もう割っちゃいましょうか?」という提案を受けたのが11月の末…

バリ島旅行記(5) - サファリパーク

気がつけば、バリ滞在もあっという間に最終日を迎えた。日本に戻る便は深夜便なのだが、ホテルのチェックアウトは14:00。ギリギリまでホテルに滞在したとしても、深夜1時近くのフライトまではずいぶん時間がある。しかし、旅行会社はよく考えたもので、そん…

バリ島旅行記(4) - ケチャックダンス

ホテルでのんびり過ごすのもまた一興 この日は、夕方からウルワツ寺院でケチャックダンスを見るというという予定だけが入っているのみ。ひとまず午前中にバリの中心部のクタ地区に行ってみたのだが、雨期とは思えない炎天下の中、長いことビーチを歩いている…

石が詰まってます

診察だん。石はあるにはあったけど、予想よりもだいぶ小さかったので、毎日2リットルの水を飲みながら経過観察とのこと。— Ken M.X. (@Deutschina) 2015, 2月 28 こんな内容に興味がある人がいるかどうか分からないが、上のツイートに至るまでの顛末記につい…

バリ島旅行記(3) - 中国人が集まる場所に

世界遺産ツアーへ バリ島滞在も3日目に突入して、この日は世界遺産ツアーをあらかじめ手配済。数あるオプショナルツアーの中で、訪問地を○×つけながら選んだのがこのコース。それにしても、日本人というのは、どうしてこう世界遺産という文字に弱いんだろう…

今なら羽を伸ばせる?

ランラン(うちの嫁、仮名)が春節で里帰りしている。久しぶりの帰郷ということで、旧暦の1月15日にあたる元宵節まで過ごしての日本帰国の予定だ。まだまだ通信事情が良いとは言えないムラに滞在しているので、WeChat(微信)を使ってたまにやりとりしているのだ…

バリ島旅行記(2) - What time is it now?

修学旅行はバリ島へ 2日目の朝。昨晩の闇鍋のような状態から一転して、まぶしいぐらいに朝日の差すレストランで朝食を食べてから迎えを待つ。この日は、シュノーケリングがしたいという理由で、レンボンガン島へのビーチクラブクルーズというのに参加するこ…

バリ島旅行記(1) Big bossと呼ばれて 

すでに2ヶ月以上も経とうとしているのに、今更旅行記というのもアレなんだけど、備忘の意味も込めて何回かに分けて書いておこうと思う。 やっぱり羽田発直行便の存在は大きい 自分が上海で仕事を始めた頃は成田から飛ぶしかなく、途中から羽田直行便ができて…

SALも木から落ちる?

さて、前の記事で書いた日本から送ったSAL便、調査依頼請求を出した日本の郵便局からは何の音沙汰もないものの無事に1週間ほど前に到着したとのこと。そのあたりの顛末をまとめておこうと思う。 調査依頼請求は意味があった? 先日、郵便局で調査依頼請求書…

中国嫁をインドネシアに連れて行こう

さて、このブログを放置すること3ヶ月。突然ではあるが、早めの冬休みをもらって、家族でインドネシアのバリ島に行ってきた顛末を書いていこうかなと思う。 だおら! (@ Ngurah Rai International Airport (DPS) - @baliairport in Denpasar, Bali) https://…

SAL便で荷物を送り行方不明に

海外に荷物を送る機会がある人というのは、そう多くないと思うが、うちのランラン(仮名)のように日本に嫁いできた中国嫁の場合、中国にいる家族親戚から日本品質の品物を多少割高になってもいいから送ってくれというような感じで、日本から中国に荷物を送る…

オカマちゃん - タイ旅行記(4)最終回  

この話は、3日目の夜からの話なので、旅行記(3)'とするのが正しいのかも知れないが、翌日は帰国するだけなので、まとめて「旅行記(4)最終回」とさせて欲しい。 この旅のメインイベント うちのランラン(仮名)は、どういうわけかニューハーフのことを「オカマ…

意外に通じない中国語 - タイ旅行記(3)

到着初日、チャオプラヤ川を遡る船の中で、中川家礼二似の船員さんがマイクパフォーマンスで説明してくれた情報によると、タイの人口の20%は中国にルーツを持つ華人とのことらしい。なので、さぞかし中国語が通じやすいのかと思ったら、そんなでもなかった…

ナイトマーケット - タイ旅行記(2)'

始めに、なぜ旅行記(3)じゃないのかというと、まだ2日目の続きだからというシンプルな理由。アユタヤ観光から戻って来た我々は、プールでひと泳ぎして体力がやや回復したのを見計らって、BSTで2駅ほどのところにあるSiamの夜市に行ってみたのである。 BSTの…

金ピカじゃないものには興味ない? - タイ旅行記(2)

タイの旅2日目は、アユタヤへの日帰りツアー。タイ人のツアコンの引率の元、ワゴン車でのツアーとなったのだが、同じホテルからも結構多くの参加者がいた。基本的にはツアーは好まないのだが、ツアコンがいると入ってくる情報量が多いというメリットもあった…

よっオトコマエ! - タイ旅行記(1)

これから数回にわたって、今回の旅行の様子を書き綴ってみたいと思う。もちろん、当ブログ「トリセツ」的には、中国嫁meetsタイランドという視点を出来るだけ入れてみようと思う。 参加したツアーについて 今回我々が参加したツアーは、いわゆる航空券+空港…

中国嫁をタイに連れて行こう

前の記事の内容からバレバレだと思うが、今回の行き先はタイである。ネットの噂では、タイ政府が中国人観光客のビザなし渡航の受け入れを「検討中」らしいが、2014年9月現在、それはまだ実現していない。ということで、今回のビザ申請の顛末をまとめておこう…

遅めの夏休み

何はともあれ、久しぶりすぎる更新である。(Twitterにはいろいろ書いたと思うが)このブログだけ見ていると、ランラン(うちの嫁、仮名)は中国に行きっぱなしのように見えてしまうが、7月初旬に日本に帰ってきて、また代わり映えのない生活を送っている。 今年…

里帰りへ

今年の春節は日本語で過ごしたうちの嫁(ランラン-仮名)であるが、このたび半年ぶりに里帰りをすることになり、その準備に追われている。今回の帰省は、単に帰省するというだけではなくて、出産を間近に控えた弟の嫁の手伝いなどのミッションが含まれており、…

胸が痛むとき?

前にも書いたと思うが、うちの嫁(ランラン)は1980年代初頭の生まれで、いわゆる「八〇后」世代である。自分が上海に住み始めた頃は、よくこの「八〇后」というキーワードが若者の象徴のように使われていたのを覚えている。日本でもかつて「新人類」というキ…